最終更新日:2017/09/20 (毎日24時更新)
債務Ladyの注意報・警報:安全
現在、債務Ladyの詐欺と悪徳被害情報は登録されていません。 安心してご相談いただけます。


債務整理

分割払い可能!
債務Ladyなら分割払い可能となっています。
どうしてもまとまったお金を用意することができない・・
それで債務整理を諦めることはありません。

債務Ladyなら、成功報酬などが分割払いすることができます。
まずは債務整理をして、借金を整理してから支払いを行うことができるのです。


債務Ladyはスタッフは女性のみとなっています。
女性専門の債務整理相談窓口です。
ですから、女性の方でも安心してお申込みいただけます。
女性同士でしか話しにくいこともあるかもしれませんが、気兼ねなく相談することができますよ。

新大阪法務司法書士事務所の女性専用サービスです。


個人再生についての質問

Q:「小規模個人再生」と「給与所得者等個人再生」はどう違うのですか?
A:一言で言えば「小規模個人再生」は個人事業主向け、「給与所得者等個人再生」はサラリーマン向けと言われています。
しかしながらサラリーマン等の給与所得者も「小規模個人再生」を利用することができます。

また、「小規模個人再生」では、確定債務額の5分の1または100万円の多い額を返済することとなりますが、
「給与所得者等個人再生」の場合は、さらにそれらと可処分所得の2年分とを比較して多い額を返済することになります。

この可処分所得要件がつくことによって、あえて「小規模個人再生」を選択する給与所得者の方も多く見られます。
さらに「小規模個人再生」の場合は一定の債権者の同意が必要であるのに対し、
「給与所得者等個人再生」の方は債権者の同意は不要であるという違いもあります。


個人再生のデメリット
信用情報機関に登録されます。
信用情報機関とは、クレジットカード会社などが情報を共有する機関です。

他の債務整理方法と同様に、信用情報機関に登録されることになります。
ですからその後、3~7年間ほど、カードの利用や金融機関からの借入れが難しくなります。

しかしこれはある意味でメリットと考えることができます。
ついお金を借りてしまうということができなくなるからです。
これはメリットであると言う事がいえるかもしれません。

個人再生が適用できない場合もありえます。
さらに、個人民事再生の条件として継続的・反復して収入を得る見込みがあることが必要となります。


自己破産のデメリット
自己破産すると信用情報機関に登録されます。
他の債務整理方法と同様に、信用情報機関に登録されることになります。
ですからその後、10年間ほどは、カードの利用や金融機関からの借入れが難しくなることも考えられます。

官報に掲載されたり、役場に記録が残ることになります。
「官報」に破産者として氏名等が掲載されます。
また、本籍地の市区町村役場発行の身分証明書に記載がされます。
但し、免責の決定を受ければその記載は抹消されます。
その場合は戸籍に載ることはありません。
不動産などは処分されます。

一定の職業に就けなかったり、資格が停止されることがあります。


自己破産のメリット
自己破産の手続きが完了すると金融業者からの督促が来なくなり、返済も一時的にストップできます。
この時に金融業者が取立てをすると、法律違反となり法的に罰せられることになります。

自己破産の手続きが完了すると法律的にも保護された状態になります。
法律的にも保護された状態で生活を立て直すことができるようになるわけです。

自己破産の申立てが裁判所に受理されると、債権者は取立て行為をすることができなくなり、返済する必要もなくなります。
借金の支払い義務がなくなります。

他の債務整理手段と異なり、裁判所による免責の決定がなされると、
借金の弁済義務自体が免除され、無借金の状態から生活をやり直すことができます。


無料相談

債務Ladyの会社情報

会社名:債務Lady
住所:〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518

トップに戻る
Copyright © 2012-2017 債務整理 弁護士・司法書士の詐欺と悪徳情報